レパードステークス2015予想:展開と馬場から

新潟の3歳限定ダート重賞レパードステークスの展開と馬場からの考察を投稿します。
メンバー構成を見る限り相応の速いペースになることでしょう。

展開から

最上位人気馬のクロスクリーガーを筆頭に逃げて好走してきた馬が数頭います。
オールブラッシュ、カラパナビーチといった馬もマイナスのペースで逃げていて
そこそこ流れることが予想されます。
先行馬も層が厚く展開的には差し馬有利と言わざるを得ない状況です。

馬場から

新潟ダートは原則先行有利のコースではあります。
先週の傾向は土曜日が先行馬だけ、日曜馬差し馬ばかりと方向性に乏しいもの。
今週土曜日は中距離戦に関しては差し馬有利のように見えました。

雨が降ると傾向が一気に変わるかもしれないのですが、
今のところの天気予報は晴れ、降水確率10%というもの。
ただ日本各地で激しい夕立が降ることがるようでそうなればリセットか。

考察

クロスクリーガーに関しては二番手から勝った伏竜Sの指数が高く、
逃げられなくても問題はなさそうですが、目標にされそうなのは減点か。
週はじめからこの馬と思っていたのですが
人気があり過ぎることも相まって今になって揺らいでいます。

展開からも馬場からもゴールデンバローズが有利とはいえるのですが、
海外遠征帰りの初戦の前走が疲労が残っていたとはいえどうも物足りない内容。

同様に差し馬で気になる大穴候補がタマノブリュネット
ただしこの馬指数は高くもなんともないです。

先日投稿の指数付出馬表はこちら