マイルチャンピオンシップ2017予想-穴馬候補

日曜日京都の秋のマイルG1マイルチャンピオンシップの穴馬候補の考察を投稿します。
昔は堅いG1の代名詞でしたが最近はそうでもないとのこと。

過去のこのレースの指数と今回のメンバーを鑑みると
指数80以上を出せれば勝馬の資格があり、
77/78くらいで馬券になるくらいの基準と見ています。
それを考慮に入れて三頭ほど挙げます。

グランシルク:加重平均指数80
昨日有力馬で挙げてしまいましたが、
今のところのnetkeiba単勝予想オッズでは30倍超ということで穴馬としても挙げてしまいます。
前走がメタメタとか関西が未知数とかありますが、
馬場適性は走ってみないとわからないということでハマると突き抜けるかも。
三歳の頃から相当期待されていた割にようやく今年になって重賞を勝ったわけですが、
あの京成杯AHの強さを見ると一発の可能性は十分あり単でも面白いとみています。

クルーガー:加重平均指数78
一年休んで半年休んだ前走の富士Sが3着と健闘
指数は休み前が中心ですが80弱を平均的に出していて
馬券に絡む資格は充分と見ます。
こちらは昨年のマイラーズカップで勝っていて京都マイルの適性は保証済み。
前走は前残りの不良馬場で上り最速の3着ですから、
ペースと馬場によっては逆転も考えられるかも。
ただ、反動は心配する必要がありそう。

ヤングマンパワー:加重平均指数78
前走の毎日王冠は5着ですが、着差は0.3秒なので
休み明けとしては程よい負け方か。
強調できるのは同距離同コースの春のマイラーズカップ3着の指数81
勝馬のイスラボニータとの差は0.2秒で、あちらは今回たいそうな人気ぶり。
このレースでは速めのペースを二番手追走で展開は厳しかったので
今回の展開次第で逆転はないものか。
これは正真正銘の大穴候補と力みましたが、
予想オッズでは70倍程度でそれなりでした。

指数付出馬表はこちらです

広告