マイルチャンピオンシップ2017予想:有力馬の考察

日曜日京都のマイルG1マイルチャンピオンシップの有力馬の考察を投稿します。
前哨戦単位での比較にしようと思ったのですが、いずれも馬場が悪く参考になりそうにありません。

加重平均指数の通りではないですが、
いまのところで軸馬にする可能性の高い順に記載します。

レッドファルクス:加重平均指数79
指数的にはトップではありませんが最有力はこちらで考えています。
距離的に不安はありますが安田記念3着であればなんとかなるのでは。
京都のマイルは直線平坦で、府中より楽なはずと考えています。
あまりハイペースになると危ういですが、マルターズアポジーの単騎逃げなら
平均やや速めくらいでいけるのでは。
不安なのは京都が初めてということ。というか関西圏というだけで実績少ないです。

イスラボニータ:加重平均指数81
こちらが指数最上位、前走の勝馬との差は道悪適性の差と思えば逆転は充分可能か。
一昨年3着、昨年2着とくれば今年は…
同距離同コースの4月のマイラーズカップを指数83で勝っているのも後押し材料。
休み明けで不良馬場の前走を頑張りすぎちゃったのは不安材料かもしれません。
軸にするなら一番無難な馬ではあると思います。

グランシルク:加重平均指数80
指数の割に人気がないのがこの馬
字面の血統だとさも道悪が得意そうですが全然でしたね。
あるいは前々走綺麗に勝った反動かもしれません。
この馬も関西で実績がなくその点は不安。
また穴馬候補で挙げて考察するかもしれません。

エアスピネル:加重平均指数81
こちらも指数最上位ですがあまり軸向きとは言いづらいところ。
前走は道悪があんなに得意なのかと仰天しましたが、
切れる馬ではないだけにあの馬場と展開が有利に働いたのか。
どうしても勝ち切れるイメージがなく◎は打てないか。
相手としては押さえないといけないでしょう。

指数付出馬表はこちらです

広告