フェブラリーステークス2018予想-展開と馬場から

明日の府中ダートG1フェブラリーステークスの展開と馬場からの考察を投稿します。
今のところの一番人気はゴールドドリーム。意外と差が付いたという印象です。

展開から

逃げるのは好枠に入ったケイティブレイブか
出遅れて勝ってしまった帝王賞から差しに回るケイバが続いていましたが、
前走逃げて勝ってやはり本来は逃げ馬というのが一般的な見解のようです。
多分番手で控えるテイエムジンソクは早め先頭に立とうとするでしょうし
スローペースにはならないであろうと考えます。

馬場から

土曜日府中のダートのレースをみたところ差し、先行が半々くらい。
先週は逃げて馬券になる馬もいましたが、土曜日は一頭も複にも絡んでいません。
良馬場で行われた先週の馬場差は+0.5秒でやや時計がかかる状態。
明日も雨は降らないのでやや力の必要な馬場かと推測します。
このコース特に白い帽子は不利といわれていますが、
土曜日は8レースと10レースで1枠が二勝、しかも人気薄、
あまり関係はないと思いますが不気味ではあります。

考察

差し、先行同等でペースもそこそこ流れるとすれば、
力通りの決着になる可能性が高いと考えます。
ゴールドドリーム、ノンコノユメといった差し勢が
スローに泣くことは考えづらく素直に力通りの評価をしたいと思います。
展開と馬場からの推奨馬はあまり思いつきませんが
あえていれるなら少し穴っぽいところでインカンテーション
ハイペースの先行でも力を発揮できますし、
昨年の同距離同コースの武蔵野Sでの高指数勝ちなど押し材料があります。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告

スポンサーリンク