フェブラリーステークス2017予想:穴馬候補

今年最初のG1、府中ダートのフェブラリーステークスの穴馬候補の考察を投稿します。
メンバーがそろっているので実力馬でもまるで人気がなかったりします。

インカンテーション
一昨年の連対馬だというのにnetkeibaの予想オッズは単勝150倍超。
確かに近走不振で指数も低いですが全盛時の能力から多少割り引いても馬券になるくらいは期待したいところ。
前走も4番人気で二桁着順ですが、スローペースで後方からでは力を全く発揮していないでしょう。
一昨年の平安ステークスを勝った時のように速いペースで先行するくらいがいいのでは。
8歳馬が連対したこともあるくらいですから7歳馬のこの馬もあっと言わせられないものか。

ニシケンモノノフ
指数の計算できる中央の重賞では指数80弱で安定していて、
勝つまでのイメージはもてませんが複穴程度なら充分可能性はあるのでは。
こちらも予想オッズでは単勝150倍超で全然人気ありません。
鞍上の大ベテランの一発狙いに期待したいところです。

ケイティブレイブ
枠にもよりますが逃げるのはこの馬だと思います。
コパノリッキーは番手からでも大丈夫だと思いますし競りかけられず
それなりの速めのペースくらいに抑えられればチャンスはあります。
一番人気が予想されるカフジテイクは追い込み馬なので、
この馬をおさえるべき理由はあると思います。

広告