チューリップ賞2016予想:穴馬候補

土曜日の桜花賞トライアルチューリップ賞の穴馬候補の考察を投稿します。
netkeibaの予想オッズで単勝二桁のところから3頭挙げます。

エルビッシュ
前走の500万下勝ちの指数が77とこのメンバー最大値です。
そのレース二着のヒルノマゼランが次走で500万下を勝ち
先週のアーリントンカップでも僅差の6着でしたから価値は高いはず。
未勝利勝ちまで4戦を要し指数レベルも低いのですが前走で上げてきました。
そこそこ速めのペースでも先行できていて展開的にも有利か。

デンコウアンジュ
前々走で重賞勝ちがあるのに予想オッズでは20倍弱と妙味たっぷりです。
この時の指数は75とこちらも充分勝ち負けのレベル。
前走のG1はハイペースを先行して人気を裏切りましたが、
ここで人気を落として買いどころか。

アドマイヤリード
二戦前の500万下での指数がまあまあの評価で今回5戦目でまだ上がり目が期待できます。
前走のG1は穴人気するもハイペースを後ろから追いかけてみどころなし。
今回はスローになると予想しているので二走前に近い流れか。
ただしそのG1で同距離同コースというのは不安材料ではあります。
ステイゴールド産駒だけに馬場が渋れば面白いかと思いましたが、
今現在の天気予報を見る限りでは望み薄のようです。