エリザベス女王杯2017予想-展開と馬場から

明日の牝馬限定G1エリザベス女王杯の展開と馬場からの考察を投稿します。
今のところの人気は予想よりだいぶ違うような気がします。

展開から

逃げるのはクロコスミアか。
前走の府中牝馬Sはかなりのスローで逃げてまんまと逃げきりましたが、
同じ手が二回もしかもG1で通用するとも思えません。
とはいえ競りかける馬もいないのでペース的にはスローか。
どちらかというと先行有利と考えてよさそうです。

馬場から

京都は土曜日の明け方の雨で芝は稍重スタートでしたが日中は晴れて午後には良に回復しました。
明日は雨は降らない予報なので道悪の心配はなさそうです。これは安心しました。
土曜日の傾向は基本先行有利とみてよさそう。
二歳の未勝利では5番人気の馬が逃げ切って勝ったりもしています。
ただし、明日はより馬場が乾いて馬場傾向が変わる可能性もあるということで
引き続きよく見ていきたいと思います。

考察

展開からも馬場からも先行有利と考察されます。
先日穴馬候補について投稿しましたが、その二頭ジュールポレール、エテルナミノルは
ともに先行できそうで、うまく穴をあけてくれないものか。
人気どころの馬はみなどちらかというと自在脚質で
位置を取ろうと思えばとれそうな馬が多く、推すも切るも言えない感じです。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告