エリザベス女王杯2017予想:前哨戦考察

日曜日京都の牝馬限定G1エリザベス女王杯の前哨戦の比較考察を投稿します。
レース傾向とは異なる結果になるのですが果たしてどうなるか。

※馬場差/ペースは管理人調べの3ハロン換算で
 PDF版福馬出馬表でも確認できます

秋華賞:G1/馬場差:+1.0/ペース:-0.9

1着ディアドラ:指数73
2着リスグラシュー:指数71
3着モズカッチャン:指数71

重馬場の時計のかかる馬場の割にペースは速く
先行して3着のモズカッチャンは要注意
ただし重が得意かもしれないので良だったらどうなるか。
全般に指数は低いがディアドラの二走前、三走前は77/78となかなかで
この馬は良馬場でも軽視はできそうにないです。
逆に軽視できそうなのはリスグラシューでよくても掲示板の下のほうタイプ

府中牝馬S:G2/馬場差:-0.4/ペース:+1.4

1着クロコスミア:指数76
2着ヴィブロス:指数76
4着クイーンズリング:指数72

酷いスローペースで逃げたクロコスミアをとらえきれなかったヴィブロスですが、
距離延長とペースがここまで遅くならないとすると逆転は必至。
全体の指数は低いのですが超スローでは実力より指数は低めに出る傾向があるので
やはりヴィブロス、クイーンズリングは侮れないか。
ただし他レースの指数と低くでているのは間違いなく
ここから軸を選ぶわけにはいかないと考えます。

京都大賞典:G2/馬場差:-0.9/ペース:-0.1

1着スマートレイアー:指数82
9着マキシマムドパリ:指数73

ここは一着馬だけでいいか。
速めの馬場に平均ペースでこの高い指数は信頼性が高いか
二走ボケさえなければスマートレイアーはそう負けないのでは。

考察

上記三つのレース以外にも下記有力馬がいます。
・ルージュバック:オールカマーG2/1着/79
・ミッキークイーン:宝塚記念G1/3着/78
秋華賞は道悪、府中牝馬Sは超スローで参考にしづらく、
今のところの本命候補筆頭はやはりスマートレイアーということになります。
このレースの傾向的には6歳以上は勝ったことがなく
7歳牝馬のスマートレイアーはデータ的には買いづらいところ。
しかし指数を予想の軸とする立場としては信じるしかないと考えています。

指数付出馬表はこちらをご覧ください

広告