エリザベス女王杯2016予想:穴馬候補

日曜日の古馬牝馬のG1エリザベス女王杯の穴馬候補の考察を投稿します。
それほど荒れないレースだとは思いますが中穴くらいはねらってもよいか。

シャルール
ムラの大きい馬で酷い着順で酷い指数のこともあれば、
好走するときは80弱の高い指数を出しています。
展開的にもウインプリメーラが回避して逃げ馬がいなくなったことも好材料か
昨年の寒い季節に三連勝していますし、10ハロンでの勝ち鞍もあるのでなんとかならんでしょうか。

アスカビレン
この馬、穴党に密かに人気になっている印象があります。
前走はスローペースで後ろのほうから頑張って追い込んできて指数77というのはなかなか。
ゆうても今回もスローの気配満載ですが…
とはいえ三走前の1000万下特別は先行して指数79で勝っているのは注目です。
2000m以上では良績がないので2200mは不安ですね。

デンコウアンジュ
秋の三歳牝馬重賞ではパッとしない成績でしたが、
着順が悪い時でもそこそこの指数は出ています。
今回も54kgで出られるので複穴くらいが限界かもしれませんがどうでしょう。

広告